COPYRIGHT © MIKAWA NISSAN JIDOUSHA ALL RIGHTS RESERVED.
仕事内容を知る

先輩社員インタビュー

テクニカルスタッフ(整備士)

三河日産自動車 岡崎宇頭店
テクニカルスタッフ 松葉 圭亮

Q.入社のきっかけは?

A.子供の頃から車が好きでした。大学に入り免許を取ってから、昔から欲しかったS13を中古車で購入したところ、車をもっと好きになり、「車のことを知りたい」「車に携わる仕事をしたい」と思いたち、大学を辞めて整備の学校に入学し直しました。就職は、地元企業で働きたいと思っていたので、三河日産が候補に上がりました。名古屋や別の地域で日産やトヨタもありますが、実家から近いほうが安心ですし、昔から好きなメーカーの日産を選びました。

Q.仕事のやりがいを感じる瞬間はありますか?

A.お客様に喜んで帰ってもらうことに、やりがいを感じます。修理のお客様は不安な状態でご来店していると思います。車を修理することは当然ですが、車だけでなく、きちんとした説明をお客様にすることで、気持ち的にも安心して帰っていただけるよう心がけています。

地元で就職してプライベートも充実してます!

Q.三河日産自動車に入社して良かったと思うことはありますか?

A.地元なので親に何かあってもすぐに駆けつけれる距離というのは安心です。また、地元なので友達とも遊べるのもリフレッシュ出来るので良かったです。学生時代は、学校が名古屋で遠かったのでなかなか遊ぶ時間が取れませんでした。やはり距離が近いというのはとても魅力です。会社の人とも仲が良く、休日は集まってプラモデルを作ったりゴルフしたり、ロードバイクでサイクリングしたり忙しく楽しんでいます。

Q.今後の目標を聞かせてください。

A.整備士の資格をどんどん取って知識を増やしたいです。もちろん給与も上げたいです。知識や経験を早く増やしてお店の主力になりたいです。あと、今の工場長にとても憧れているので僕の目標です。知識もあって人間性もとてもいい人なので早く少しでも近づきたいと思っています。

Q.就活生にメッセージをお願いします。

A.夢を叶えるために今何をしなければならないのかを、ゴールから遡って考えて、きちんと行動に移すことが大切だと感じます。一人前の整備士になりたければ、学生時代から座学も実習も、集中して勉強が必要だったと社会人になって気づきました。挫折しそうな時は、自分の夢を思い直してください。

三河日産自動車 岡崎248店
テクニカルスタッフ 松島 亮太

Q.入社のきっかけは?

A.私の住んでいた豊田市では、小学生が古い車のレストアに参加できるイベントが毎年あります。私も小学生の頃に参加し、トヨタのパブリカをレストアしました。このイベントで車を触ることの楽しさを知って、将来の夢は整備士になりたいと決めました。昔から親が日産のシルビアや180SXに乗っていたので、日産というメーカーが好きになり、日産系の専門学校に入学し、地元の三河日産自動車に入社しました。ちなみに親が乗っていた180SXは今は私が乗り継いでいます。

Q.仕事のやりがいを感じる瞬間はありますか?

A.今配属されているお店は、整備士が少ないお店なのでミッション交換やエンジン載せ替えなどの重整備を担当する機会が他の同期よりも多いです。先輩が作業する工程をずっと眺めてるぐらい、重整備を早く作業してみたかったので、実際に私が作業の担当を任された時はとても嬉しかったです。最初は不慣れで時間がかかってしまっていた整備でも、何度も繰り返すうちに時間が短縮できてきて、スキルが上がっていることを実感できます。

他の日産ディーラーより給与が良いのも魅力です

Q.三河日産自動車に入社して良かったと思うことはありますか?

A.中学校の頃に近所の整備工場へ職場体験に行ったことがありますが、やはりディーラーなので洗車機や診断機など設備が整っていることです。あとは、専門学校時代の、同じ整備士をしている同級生に聞くと、三河日産のほうが給与が多いので入社して良かったと実感します。あとは、年2回必ず連休を取る制度があるので、その休みで旅行に行っています。制度なので先輩とか気兼ねせずに休めるのが魅力です。

Q.今後の目標を聞かせてください。

A.検査員や日産の社内資格をどんどん取っていきたいです。会社からも整備振興会の研修や、横浜や名古屋で開催されるメーカーの研修に参加させてもらえるので、機会を逃さず着実に合格していきたいです。その後は、テクニカルアドバイザーの勉強もしていきたいです。

Q.就活生にメッセージをお願いします。

A.学生時代に取れる資格は必ず受かってください。働きながら国家1級に合格するのは至難の業なので、専門学校で国家1級コースか2級コースか迷っている人がいたら私は1級コースをお勧めします。あと、学校の授業で診断機を使う授業など、ディーラーで実際使う機能をマスターできるように、一歩先の機能も教わってどんどんと吸収するよう心がけてください。
就職先が決まって学生時代最後の休みは、学生でないとなかなか経験出来ないこと、例えば北海道にツーリングとか、やり残しのないよう沢山遊んでください。